子供の潜在能力のコーチングとお金と起業のコーチング

ママとパパへ。親が学び子に伝える、子供にお金の苦労はさせたくない。一生お金に困らないためのお金の話しと起業の話し。

お金を稼ぐには、誰かの問題を解決すること。親が学び子どもに伝えるべきお金の話。

お金を稼ぐには、誰かの問題を解決すること。



親が学び子どもに伝えるべきお金の話。






いったいどんなときに
人はお金を払うのだろう。








お金を払うというのは
物々交換と同じだから、
必ずその代わりの物を得ているときだ。








必要な物や欲しかったものが
手に入って嬉しいとか何かをしてもらって、
ありがとうという気持ちのときにお金を払う。






どうやっていったい
お金を稼ぐかを子どもと考えるにはこのポイントから始めればいい。






誰が何に困っているだろうか?






子どもと一緒に考えてみよう。






そしてその困ったことを見つけたらそれを解決してあげたり助けてあげたりすれば。


ありがとう
というお金を払ってくれる。








これは子どもが
将来起業するときにも役立つ






小さい時期から
親と子どもが人の困っていることを一緒に話す、
なんて素敵なことでしょう。






世の中の成り立ちが学べし
子どもの意識も高くなるし
立派な起業家の第一歩にもなる。






子どもの中に、そうか、





お金を稼ぐってことは
人が困っていることを
助けてあげることなんだと






わかってきます。






お金を稼ぐようになったら、
使わないお金を
少しづつ貯めておくことが大事なんだよ。








そして
そのお金を何か安全な方法で
増やしていくことをつねに考えてほしい。






例えば






病気になって働けなくなったり








仕事を失ってしまったときや





何か






問題を抱えて
お金が必要になったときに、
こうして貯めたお金は助けてくれる。






そしてお金を貯めていれば
自分の欲しい物も買えるし
ディズニーランドにも家族で行けるんだよ。





おもちゃも買えるし、
自転車も買えるし、
何でも買えるんだ。






大人になってケーキ屋さん、
花屋さん、玩具屋さんにもなれる。








子どもに聞いてみよう







大人になったらどんなお店をやりたいか。







こんなささいな
会話からお金のことや起業のことが
自然と子どもは親から学んでいけます。







今日も
子どもと会話を楽しんでください。






子どもはお金の天才になれます






育て方ひとつです。






親が子どもに伝えるべき
お金の話でした。







以上








本日も最後まで読んで頂き
ありがとうございます。


是非読者登録をして頂ければ
嬉しいです。





役立つ記事を投稿していきます。






太郎と花子の応援よろしくお願いします。




お宝発見知ってましたか?日本のお金の価値について




お宝発見知ってましたか?






日本のお金の価値について








ギザギザの付いた


10円玉15倍以上の価値がある。










今日は


子供と一緒に家族で


価値あるお金を発見してみて下さい。
お財布、貯金箱の中にあるかもしれません。






家族で楽しみましょう。







価値あるコインの価値一覧


500円硬貨





昭和62年


美品価値1500円


並品価値1000円


昭和64年


美品価値800円


並品価値600円


100円硬貨





平成13年


美品価値700円


並品価値300円


平成14年


美品価値500円


並品価値200円


50円硬貨





昭和62年


美品価値6000円


並品価値4000円


平成12年


美品価値800円


並品価値400円


10円硬貨ギザギザあり





昭和32年


美品価値150円


並品価値80円


昭和33年


美品価値200円


並品価値100円


ギザギザなし


昭和34年


美品価値100円


並品価値50円


昭和61年


美品価値100円


並品価値50円


5円硬貨





昭和32年


美品価値600円


並品価値300円


平成20年


美品価値200円


並品価値100円


1円硬貨





昭和30年


美品100円


昭和34年


美品価値100円





これは


事実で実際に


ギザギザの付いた10円玉は、


昭和26年から昭和33年に発行され、


そのなかでも


昭和32年と昭和33年発行の10円硬貨は、貨幣収集家の間では高い価格で取引されている。





本日は


貨幣の価値について


家のお金を確認して下さい。






また今、


家になくてもいつかお釣りとしてもらえるかもしれません。





子供と楽しみながらお金について






話すよいきっかけになればと思います。







これからも


お金に関してのブログを中心に書いていきます。







一生お金に困らないために


親が伝え子供に伝えるべき


お金の話しを伝えていきます。







以上







本日も最後まで読んで頂きありがとうございます。




太郎と花子の応援よろしくお願いします。